健康にも美容にも期待|亜麻仁油で美肌に一歩前進|飽くなき美の探求心

亜麻仁油で美肌に一歩前進|飽くなき美の探求心

婦人

健康にも美容にも期待

グラスに入った水

高濃度とそれ以外の違い

水を選ぶ時代になっています。日本では水道水を飲むことができます。でも、ミネラルウォーターや浄水器などが良く利用されています。最近になって水素水が話題になり、多くの人が利用するようになりました。その中でも高濃度水素水がより健康に良いとされています。そもそもどれくらい入っているものなのか、高濃度になるとどれくらい違ってくるのかを知らない場合があります。市場に出回っている商品の多くは、1.2ppmや1.6ppmになります。高濃度水素水は、3.0ppmや7.0ppmで、あまり市場には出回っていません。どうしても高濃度にする方が技術的に難しいこともあって、作っている業者が少なくなります。少ないだけに、価格も高くなる場合があります。

体の活性酸素を排出

食品の中には、抗酸化力が高いものがあります。こちらを積極的に食べることで、健康になれるといわれています。体には酸素が必要ですが、酸素が困る作用を及ぼすことがあります。それが酸化で、体を老化させる原因胃なることがあります。抗酸化力の高い食品は、酸化を抑えたり防いだり役割があります。食品以外に酸化を抑える食品として注目されているのが高濃度水素水です。水に水素を含ませていて、より濃度が買い物が高濃度水素水になります。体の中で悪い状態になっている酸化物質と水素が結びつき、水となって排出します。酸化物質が除かれるだけでなく、水のように排出されやすいのも利点といえます。低濃度より、高濃度の方が効果が高くなります。